緑内障 治療 併用不可 薬

MENU

緑内障治療に併用不可の薬に気をつけましょう

緑内障は、進行すると元通りに回復できず、失明に
まで至る可能性も高い、特に恐ろしい眼病
です。
緑内障 画像
治療には、点眼薬が使われますが、併用してはいけない
薬も色々とあるので、注意が必要です。

 

 

緑内障の点眼薬と同時に使用できないもの

 

緑内障は、目の眼圧が上がって、神経が圧迫され、
視界が狭くなったり、見え方がおかしくなる病気、
進行すると失明にまで至る可能性もある眼病です。緑内障 画像

 

緑内障の治療に使う点眼薬には、同時に使っては
いけない禁忌薬がたくさんあります。

 

病院で処方される薬だけに、医師と薬剤師に、
今服用している薬を申し出れば、それに応じて、
点眼薬を変えてもらえます。

 

緑内障にもいくつか種類があり、種類別に点眼薬も
禁忌薬も大きく違います
が、一般的に鬱病の治療薬は
使用できません。

 

鬱病の薬は、とても強いものが多く、神経に大きな
影響を及ぼすものが多いため、うつ病治療中の方は、
医師に相談して点眼薬を処方してもらいましょう。

緑内障 画像

 

また、心臓病の狭心症の治療薬にも、緑内障の禁忌薬があることが多々あります。

 

心臓病高血圧の薬を服用されている方も関係あるので、
とにかく何か薬を服用されている方は、医師に相談
すると安心です。

 

 

アレルギーをお持ちの方も、緑内障の点眼薬に要注意

 

アレルギー喘息をお持ちの方、ステロイド剤をご使用
の場合も気をつける必要があります。

 

アレルギーと喘息は深い関係があり、小さい頃に発症し、
その時だけ発作の薬を服用するという方も関係があります。
気管支拡張役の中には、緑内障の禁忌薬が含まれるので
気をつけましょう。
緑内障 画像

 

また、薬とは別ですが、カフェインにも眼圧を上げる
要因があるので、緑内障治療中は、カフェインの過剰摂取
は避けて下さい。

 

コーヒーを飲む回数を減らしたり、濃い緑茶を避けたり、
全て禁止というわけではなく、減らすだけでも効果的なので、
少しでも早く病気が治るように気をつけましょう。

 

 

緑内障の眼薬の副作用について

 

緑内障 画像

 

緑内障の治療に使われる目薬には、まつげを長くする
作用のある成分が多く含まれています。

 

女性にとっては嬉しいことかもしれませんが、男性でまつげが
長くなるのは困るという方は、点眼薬をさした後、目の周りに
付いてしまった目薬を、コットンなどで拭き取れば防げます。

 

まつ毛が長くなる作用は、女性には嬉しい作用で、緑内障を
治しながら、まつ毛が伸びると、わざとまつ毛にたくさん
かける人もいるくらいです。

関連ページ

緑内障の症状をセルフチェックして、早期発見しよう
緑内障の症状を正しい知識でセルフチェックしましょう。早期発見、早期発見、治療すれば恐れることはありません。
緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
緑内障の特徴的な原因についてまとめました。現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障の一般的な治療法(目薬とレーザー)
緑内障の一般的な治療法についてまとめました。目薬やレーザーを使った治療はどんな事をするのか知っておきましょう。
緑内障の治療薬、副作用はあるのか?
緑内障の治療薬を使ったときに副作用があるかについてをまとめました。副作用や使い方について正しい知識を身につけるのが大切です。
緑内障の手術の目的は?その必要性について
緑内障の手術についてをまとめました。入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする際のお勧めの名医と病院
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。緑内障の手術をする際の参考にしてください。
緑内障の予防に効果的な食べ物や成分について
緑内障の予防に効果的な食べ物や成分についてをまとめました。緑内障の予防に効果的な食品を、普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の予防法を知っておこう
緑内障の予防法についてまとめました。正しい予防法を活用して緑内障を未然に防ぐのが大切です。
緑内障とはどんな病気?早期発見が重要
緑内障とはどんな病気なのでしょうか?被害が小さいうちに食いとめたり、進行しないように治療すれば失明することはなくなります。早期発見が重要です。