緑内障 症状 セルフチェック

MENU

緑内障の症状をセルフチェックして、早期発見しよう

緑内障が一度発症し、視界が失われてしまうと、
二度ともとに戻ることはなく、進行が進むと失明
にまで至ります。

 

緑内障は、日本で一番恐れられている目の病気です。
緑内障 画像
でも、早期発見、早期治療できれば、恐れること
はありません!
病気にたいする正しい知識を持ち、チェックする
ことが大事です。

 

緑内障の初期症状をセルフチェックしてみる

 

緑内障の一番最初の症状としては、とにかく目が疲れる
充血して赤くなる乾燥しやすいといった、誰にでも
起こりそうな目のトラブルです。
緑内障 画像
ただの結膜炎じゃないか?薬局で目薬を買って、
その場しのぎをしようって考える人がほとんどでしょう。

 

でも、もし年齢が40代に近ければ、緑内障ではないか?
疑ってみて、眼科を受診することをお勧めします。

 

ふとした時に目がかすむ、目がすごく疲れやすい…
なると、非常に怪しいですよ。

 

そして、夜、暗い所で光を見ると、以前は見えなかった
光の輪が見えるようになったとか、最近視界が狭まり人と
よくぶつかるようになった
、なんてことになると、
確実に緑内障の恐れがあります。

 

緑内障 画像

 

ここまで症状が進行していると、狭まった視界を元通り
に戻すことはできませんし、せいぜい症状を食い止める
くらいの治療法しか残ってません。

 

充血しやすい、目が疲れる、ドライアイ、頭痛といった
症状が出ること、それがセルフチェックのポイントになる
ので、覚えておくと良いですね。

 

 

ネットのセルフチェックサイトを活用する

 

緑内障は、目の眼圧が高くなり、目の神経からおかしくなる
恐ろしい目の病気です。
緑内障 画像
失明の原因の一番となる病気になるので、ネットでも、
緑内障のセルフチェックが無料でできるサイト
たくさんあり、役立ると良いですね。

 

緑内障になると、健常者は見えるものでも見えなかったり、
ないものが見えたりするという特徴があります。
定期的にセルフチェックしましょう。

 

そして、40代以降になると、緑内障の発症確率が高くなります。
なので、自分だけでなく、家族で40代以降の人がいれば、
その人のことも気にかけてあげて下さいね。

 

緑内障 画像

 

失明した人の介護は非常に大変なことですから、
家族に緑内障の疑いはないか?気遣うことも大切ですよ。

 

緑内障は、片目だけ発症すると気づきやすいですが、
両目同時に発症すると、かなり進行するまで気づきにくい
ことが多いようです。

 

最近は、緑内障は、スマホのアプリでも予防の知識を
提供されていたり、セルフチェックが簡単にできるアプリも
あります。

 

自分には関係ないと思わず、緑内障の疑いがないか定期的に
チェックし、健康な目を保ちましょう。

関連ページ

緑内障の特徴的な原因を知って予防しよう
緑内障の特徴的な原因についてまとめました。現在わかっている原因を知っておけば予防することができます。
緑内障の一般的な治療法(目薬とレーザー)
緑内障の一般的な治療法についてまとめました。目薬やレーザーを使った治療はどんな事をするのか知っておきましょう。
緑内障の治療薬、副作用はあるのか?
緑内障の治療薬を使ったときに副作用があるかについてをまとめました。副作用や使い方について正しい知識を身につけるのが大切です。
緑内障の手術の目的は?その必要性について
緑内障の手術についてをまとめました。入院費用がいくらぐらいかかるのか?手術の必要があるのか調べてみました。
緑内障の手術をする際のお勧めの名医と病院
全国から患者が押し寄せる人気の先生や有名な病院を調べてみました。緑内障の手術をする際の参考にしてください。
緑内障治療に併用不可の薬に気をつけましょう
緑内障治療に併用不可の薬についてをまとめました。緑内障治療中に使ってはいけない薬があるので、注意して使用しましょう。
緑内障の予防に効果的な食べ物や成分について
緑内障の予防に効果的な食べ物や成分についてをまとめました。緑内障の予防に効果的な食品を、普段の食事に取り入れて健康的な眼を持続させましょう。
緑内障の予防法を知っておこう
緑内障の予防法についてまとめました。正しい予防法を活用して緑内障を未然に防ぐのが大切です。
緑内障とはどんな病気?早期発見が重要
緑内障とはどんな病気なのでしょうか?被害が小さいうちに食いとめたり、進行しないように治療すれば失明することはなくなります。早期発見が重要です。