緑内障

MENU

緑内障のコラム記事一覧

緑内障が一度発症し、視界が失われてしまうと、二度ともとに戻ることはなく、進行が進むと失明にまで至ります。緑内障は、日本で一番恐れられている目の病気です。でも、早期発見、早期治療できれば、恐れることはありません!病気にたいする正しい知識を持ち、チェックすることが大事です。緑内障の初期症状をセルフチェックしてみる緑内障の一番最初の症状としては、とにかく目が疲れる、充血して赤くなる、乾燥しやすいといった...

緑内障は、昔からある病気ではあるものの、はっきりとした原因は分かっておらず、失明の原因の第一位となっています。昔は、一度発症すると絶望的と言われていましたが、現在は早期発見し、早期治療をすれば、失明を防げます。原因を知っておけば、予防することが可能です。目の酷使が緑内障につながる?昔は、勉強をし過ぎたり、本を読み過ぎたり、そんな人がよく緑内障になっていたそうです。家族で緑内障の人がいれば、緑内障に...

緑内障は、失明のリスクのある眼病で、世界中には多くの患者がいます。治療と言っても、完治はできず、進行を防ぐために目薬やレーザーを用い現状維持しかできません。どのような治療が行われるのかご紹介しましょう。緑内障の基本的な治療緑内障は、視界が狭まる病気で、放っておくと、失明のリスクもあります。眼圧が高くなり、目の神経が圧迫される病気ですが、初期段階だと、目薬で眼圧を下げる治療が行われます。目薬で効果が...

緑内障の治療には、目薬が使われることが多いのですが、新薬の開発も激しく、最新の目薬も次々と出てきています。目薬は、眼圧をコントロールするのが目的で、刺激が強いものも多いので、使用法や副作用について正しい知識を持っておくことが大事です。目薬のタイプもいくつかありますが、服用薬もあり、症状や医師の見方により使い分けされます。緑内障の目薬にも副作用がある緑内障の治療をする場合、眼圧を下げる作用のある強い...

緑内障は、手術をしたとしても、悲しいことに元通りにはならない眼病です。それ以上の悪化を防ぐ手術はありますが、手術の入院費用、そして、手術の必要性についてご紹介します。緑内障の種類により異なる入院費用緑内障にも種類があります。大きく分けると、3タイプあります。眼の中の房水という部分が悪い場合の2種類と、先天的な緑内障の3タイプです。目の中を常時流れている液体の流れのことを房水と言いますが、これは、目...

緑内障は、放っておくと失明にまで至る恐れのある恐ろしい眼病、日本でも疾患者が多くなっています。手術で、元通りに戻すことはできませんが、新しい手術などが取り入れられている病院も多く、緑内障の名医もたくさんおられます。全国の患者より人気の医師や、有名な病院についてご紹介します。緑内障手術の名医について緑内障は、目の中を常に流れる液体の流れが少なくなったり異常をきたし、眼圧が上がって目の神経が圧迫される...

緑内障は、進行すると元通りに回復できず、失明にまで至る可能性も高い、特に恐ろしい眼病です。治療には、点眼薬が使われますが、併用してはいけない薬も色々とあるので、注意が必要です。緑内障の点眼薬と同時に使用できないもの緑内障は、目の眼圧が上がって、神経が圧迫され、視界が狭くなったり、見え方がおかしくなる病気、進行すると失明にまで至る可能性もある眼病です。緑内障の治療に使う点眼薬には、同時に使ってはいけ...

緑内障は、片目だと気づきやすいですが、同時に両目とも発症すると、気づきにくく、一気に症状が悪化し、失明のリスクのある恐ろしい眼病です。緑内障は、食べ物でも予防できるので、普段から意識的に摂り、目の健康を気づかいましょう。ビタミン豊富な野菜と果物緑内障は、眼圧が高くなり、神経が圧迫され、視界が狭まり、最終的には失明のリスクもある病気です。眼圧を下げられるかどうかが大きなポイントなので、血液をサラサラ...

緑内障は、発症すると、症状が進行し、最終的には失明のリスクもあるので、予防することが非常に大切です。目に良い栄養素の入ったサプリメントを飲んだり、サングラスをかけて刺激を減らしたり、全身運動を行う、またツボ押しで症状を軽くすることもできます。運動やツボ押しで緑内障を予防する緑内障は、一度発症すると完全には治らず、症状が進行すると、失明のリスクもある病気です。緑内障は、目の眼圧が高くなる病気なので、...

緑内障は、失明の一番の原因にもなる恐ろしい病気です。一度発症すると、視界が狭くなり、治りません。 なので、できるだけ早期発見し、症状が軽い内に進行を食い止めたりすることで、失明を防ぐことができます。緑内障について正しく理解することが非常に重要です。誰にでも発症する可能性のある病気なので、正しく理解しておきましょう。緑内障ってどんな病気?緑内障は目の病気で、昔は一度発症すると失明を免れないと恐れられ...